韓国の取引所「Coinrail」がハッキング被害に!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

韓国の取引所「Coinrail」がハッキング被害に

韓国の仮想通貨取引所である「Coinrail」がハッキング被害に遭い、Pundi Xなどコインが盗まれたとされています。Coinrailの公式サイトによると、Coinrailは、6月10日の午前2時から6月11日の午前4時まで、システム点検を行い、ハッキング被害状況の確認などが行われるとされています。

 

 

今回のハッキング被害による価格への影響は心配なところですが、henashamp氏によると、Coinrailは、小規模な取引所であるため、コインチェックのハッキング事件ほど、大きな市場への影響はないと予想されています。

 

2018年6月20日追記:同じ韓国の取引所であるBithumbでのハッキングが発生しました。詳細は、【韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で約30億円の盗難が発生!】を参考にしてください。

 

2018年に入り、仮想通貨取引所へのハッキング事件が相次いでいます。国内ではコインチェックが580億円もの顧客資産が流出したことが記憶に新しいですが、イタリアの仮想通貨取引所BitGrailが184億円分のNanoが盗難被害に遭っていました。

 

コインチェックのハッキング事件については、【2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ】を参考にしてください。

 

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事