公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



金融庁がFSHO(エフショー)を登録拒否!みなし業者の強制撤退は初めて

金融庁が仮想通貨交換業のみなし業者「FSHO(エフショー)」に対して、仮想通貨交換業へ登録を拒否する方針であることが分かりました。

 

FSHOは、改正資金決済法に基づく正式な登録に至っていない「みなし業者」でしたが、犯罪疑惑のある取引の発生や取引システムのリスク管理体制が不十分だったことから、3月8日と4月6日の金融庁の一斉処分では、2回とも業務停止命令を受けていました。

 

業務停止期間が6月7日までとなっていましたが、金融庁は以降の業務再開を認めない方針を示しています。今回金融庁がFSHOが登録拒否する理由としては、上述で述べたようなセキュリティ・リスク管理体制の改善が見込めず、仮想通貨交換業を行うに十分な体制を構築できていないことが挙げられます。

 

日付 ニュース内容
2018年3月8日 金融庁がコインチェックなど仮想通貨交換業者7社に行政処分を発表!
2018年4月6日 金融庁がFSHO・エターナルリンクの2社に対して業務停止命令!みなし業者3社の行政処分を発表

 

これまで行政処分を受けたみなし業者は、仮想通貨交換業の登録申請を自主的に取り下げる方針を公表しています。しかしFSHOは登録申請を取り下げなかったため、初の登録拒否となり強制撤退となる可能性が高いです。もし、FSHOが6月7日以降事業を継続した場合、無登録の違法営業となります。

 

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事