公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



イーサリアム(ETH)の大幅下落はEOSの大量売却が原因か

ITサイトTrustNodesは、5月28日に仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)上でETHが大量に販売されたことを理由に、イーサリアム(ETH)の価格が大幅下落したのではないかと指摘しています。イーサリアムは現在、8.49%減の515ドル前後で取引されています。

 

Twitter上で有名な仮想通貨アカウントであるWhalePandaも今日のETHの急落におけるEOS(イオス)の役割について同様の見解を示しています。

日本語訳:誰がbitfinexでETHを猛烈に攻撃したのだろうか?EOSは依然として大量にETHが多く保有しています。またEOSは、以前bitfinexを使用していました。このことからEOSが関係あるのではないでしょうか。

TrustNodesのレポートによると、過去30日間で950万ドルを費やしたことがわかっています。今日、TrustNodesはBitfinexで約180,000ETHがBitfinexで1時間で取引されていると報告しています。また、EOSが4日前にETHで100万ドルを費やしていて、本日には140万ドルに到達しているという事実から、EOSが大量のETHを売りに出した当事者であることを示唆しています。

 

CoinMarketCapのデータによると、Bitfinexでは過去24時間で約238百万ドル相当のETHが取引されています。この数字はその他の大手取引所OKExでの取引量が約104百万ドル、Huobiでは約98百万ドルであることを考えると非常に大きい数字であることがわかります。

 

6月2日にメインネットを開始するEOSは現在、約12ドルで取引されており、直近24時間に4%以上ダウンしています。

 

関連記事記事内容
EOSにおすすめの取引所EOS(イオス)とは?取引所、買い方、特徴、将来性を徹底解説!
ETHのおすすめ取引所イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法を解説

 

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事