イーサリアム(ETH)の大幅下落はEOSの大量売却が原因の可能性!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

イーサリアム(ETH)の大幅下落はEOSの大量売却が原因か

ITサイトTrustNodesは、5月28日に仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)上でETHが大量に販売されたことを理由に、イーサリアム(ETH)の価格が大幅下落したのではないかと指摘しています。イーサリアムは現在、8.49%減の515ドル前後で取引されています。

 

Twitter上で有名な仮想通貨アカウントであるWhalePandaも今日のETHの急落におけるEOS(イオス)の役割について同様の見解を示しています。

日本語訳:誰がbitfinexでETHを猛烈に攻撃したのだろうか?EOSは依然として大量にETHが多く保有しています。またEOSは、以前bitfinexを使用していました。このことからEOSが関係あるのではないでしょうか。

TrustNodesのレポートによると、過去30日間で950万ドルを費やしたことがわかっています。今日、TrustNodesはBitfinexで約180,000ETHがBitfinexで1時間で取引されていると報告しています。また、EOSが4日前にETHで100万ドルを費やしていて、本日には140万ドルに到達しているという事実から、EOSが大量のETHを売りに出した当事者であることを示唆しています。

 

CoinMarketCapのデータによると、Bitfinexでは過去24時間で約238百万ドル相当のETHが取引されています。この数字はその他の大手取引所OKExでの取引量が約104百万ドル、Huobiでは約98百万ドルであることを考えると非常に大きい数字であることがわかります。

 

6月2日にメインネットを開始するEOSは現在、約12ドルで取引されており、直近24時間に4%以上ダウンしています。

 

関連記事記事内容
EOSにおすすめの取引所EOS(イオス)とは?取引所、買い方、特徴、将来性を徹底解説!
ETHのおすすめ取引所イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法を解説

 

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事