シンガポール

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

シンガポールの中央銀行が8つの仮想通貨取引所に警告!

シンガポールの中央銀行が8つの仮想通貨取引所に対して、証券コンプライアンスについての警告を出し、ICOに対してはトークンの発行を取りやめるように指示したことが明らかになりました。

 

プレリリースには、具体的な取引所名やICO発行者の名前が含まれている訳ではありませんでしたが、MAS(シンガポールの金融管理局)は、「国内の事業者があらゆる関連法令を遵守する責任を負っている」と繰り返し述べています。

 

この警告は、今年MASによって提唱されている話の続きであり、シンガポールは仮想通貨やブロックチェーン企業に対して、寛容であり、かつ一方で適切に規制された環境を提供することを目的としています。

 

また、MASのアシスタントマネージングディレクターである、Lee Boon Ngiap氏は、以下のようなコメントを行い、シンガポールの仮想通貨規制に関する姿勢を示しています。

 

「シンガポールでのデジタルトークンの取引所や発行は増え続けています。もしそれらが誠実なビジネスである場合、規制する必要があるとは私たちは考えていません。

 

しかし、デジタルトークンの取引所、発行者、仲介者のいずれかが、証券法に違反をした場合、断固とした行動を行います。

 

2017年にICOブームが来て以来、様々な管轄領域で証券を構成しうる、デジタルトークンの取引は、公的なライセンスを取得せずに行われるのが、通常の出来事になってしまいました。

 

2018年に入り、仮想通貨やICOへの規制を明確に行う動きが各国で加速してきています。各国の規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

 Singapore Fires Compliance Warning at 8 Crypto Exchanges, Orders an ICO to Halt Sales
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事