フェイスブックは独自仮想通貨の発行を検討し、ブロックチェーン研究チームを発足

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

フェイスブックが独自仮想通貨の発行を検討!

全世界で20億人を超えるユーザーが利用しているFacebook(フェイスブック)が独自仮想通貨の発行を検討しているとアメリカの大手ニュースサイトCCNが報じています。

 

今回の報道では、フェイスブックが独自通貨の開発・発行を目的にしたブロックチェーンのリサーチチームの発足したことが報じられており、今後は独自暗号通貨の発行とイーサリアムなど人気仮想通貨のブロックチェーンを利用する方法も含めて独自暗号通貨の発行を検討しているようです。

 

フェイスブックはブロックチェーン技術を利用することでID照合を改善を目指しています。OmiseGo(オミセゴー)は東南アジアにおいてアンバンクド(出生記録やIDがないために銀行口座を作ることが出来ない人々)が利用できる決済手段として普及を目指していますが、フェイスブックはすでに20億人以上のユーザーを抱えているため、彼らのフェイスブックアカウントの個人情報を身分証明情報として利用して、政府支援の通貨なしで独自通貨を用いた取引を可能にすることを目指していると予想されます。

 

そして、これらを実現するために豊富な資金を持つフェイスブックが今後仮想通貨業界で戦略的買収を行う可能性が高いとしている。また直近では、メッセージアプリを提供するテレグラムがICOを行い独自暗号通貨の発行を行っているなど今後もこういったプラットフォームを持つ企業による独自通貨の発行などが増加することが考えられます。

 

当サイトがオススメしている仮想通貨ICO情報は「2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!」を参考にしてください。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事