OmiseGoのロゴ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

OmiseGo(OMG)が仮想通貨取引所を開設か!

仮想通貨OmiseGO(OMG)を発行する「Omise Holdings Pte.Ltd」が子会社を設立し、仮想通貨交換事業へ参入することを発表しました。場所や時期に関する詳細情報は公表されていませんが、今後Omiseが仮想通貨取引所を運営していくという発表は市場に好意的に受け入れられており、OMGの価格は一時10%以上高騰しました。

 

 

「Omise Holdings Pte.Ltd」は、「Omise」という決済プラットフォームの提供や仮想通貨OMG(OmiseGo/オミセゴー)を発行している企業です。社名や通貨名が日本人に親しみのありますが、その通りCEOは日本人の長谷川潤氏が務め、日本にも拠点を持つ企業です。また、イーサリアムの開発者ヴィタリック氏がアドバイザーに入っているなど非常に話題性が高い仮想通貨です。

 

OmiseGoは、東南アジア諸国では「戸籍がない」、「銀行口座開設費用を支払うことができない」といった理由から、自分の銀行口座を持てない「アンバンクト:金融機関を利用できない人々」がとても多いといった社会問題の解決を目指しています。OmiseGoについてもっと知りたい人は「OmiseGO(OMG)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説!」を参考にしてください。

 

また、最近もOmiseGoは活発にプロジェクトを推進していて、話題になるニュースが多いです。OMGの注目ニュースや関連記事を下記にまとめました。

 

項目記事
2018年4月8日OmiseGoが韓国の大手クレジットカード会社と提携!
2018年2月21日決済サービスのOmiseGo(OMG)がタイ政府と国民IDの開発提携に合意!
OMGの特徴や将来性OmiseGO(OMG)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説!
OMGおすすめ取引所OmiseGO(OMG)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法を解説

 

今回紹介した、OmiseGoは国内取引所では購入することができず、Huobi(フオビ)などの海外取引所で購入することになります。Huobiは、世界4位の取引量を誇る世界最大級の仮想通貨取引所なので、取引が成立しやすいので、まだ登録していない人は早めに登録しておくことをおすすめします。

Huobiの登録で分からないことがあったら【Huobi(フオビ)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証、入金のやり方】を参考にしてください。

 

また、さらに詳しくOmiseGOを購入することができる取引所について知りたい方は、【OmiseGO(オミセ・ゴー)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法】を参考にしてください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事