AWS Blockchain Templatesのニュース画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

AmazonがDApps開発用のブロックチェーンフレームワークを開発!

アマゾンウェブサービス(AWS)は、同プラットフォーム上でブロックチェーンを利用したDApps(分散型アプリケーション)を展開できるサービス「AWS Blockchain Templates」を開始しました。このサービスによってブロックチェーンを利用した独自のDApps(分散型アプリケーション)を構築、管理できるようになります。

 

「AWS Blockchain Templates」は、ETH(イーサリアム)とHyperledger Fabric(ハイパーレッジャーファブリック)向けに提供されます。Ethereumのブロックチェーンは、2014年に若き天才ヴィタリック(Vitalik Buterin)氏によって開発され、DApps開発者の間でいま最も人気があります。

 

また、Linux FoundationのHyperledger Blockchainは、2017年7月に最初の生産ブロックチェーンコードFabric 1.0をリリースしました。Hyperbelger DLT製品は、サービスを向上させるためにプラットフォームでBlockchainソリューションを組み込んだ企業間で広く普及していて、中国のHuawei(ファーウェイ)やIBMスイスなど、すでに多くの企業に採用されています。

 

世界中の開発者が利用するAWSがDAppsに対応し始めたことで、今後ますますDApps(分散型アプリケーション)が普及していくと考えられています。現在話題になっているDAppsを下記にまとめました。各サービスの詳細や始め方などをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

DAppsサービス名参考記事
AXIE infinity(アクシーインフィニティ)【Dapps】AXIE infinity(アクシーインフィニティ)の登録方法、始め方!
CSC(クリプトスペースコマンダー)【Dapps】クリプトスペースコマンダー(CSC)の登録方法、始め方を解説!
CryptoBots(クリプトボッツ)CryptoBots(クリプトボッツ)の登録方法、始め方を解説!

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事