韓国最大の仮想通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」がスイスで独自通貨ICOを計画!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

韓国最大の仮想通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」がスイスでICOを計画!

韓国最大の仮想通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」が、2018年中にスイスでICOを行ない独自通貨の発行を目指していることが分かりました。仮想通貨規制が激しくなってきている韓国とは対照的にスイスは仮想通貨に関する規制が敷かれていません。そのため、Bithumbは本拠地を韓国からスイスへと移し、規制が厳しくない環境でICOを行うことを計画していると考えられます。

Bithumb(ビッサム)の独自通貨を発行する目的

一般的に、大手の仮想通貨取引所は独自仮想通貨を発行、取引を行っています。代表的な例として、中国の三大取引所の1つである仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)は、Binance Coin(BNB/バイナンスコイン)という独自通貨を発行し、実際にバイナンスで取引されています。

 

バイナンス以外にも独自通貨を発行してる仮想通貨取引所と発行している独自通貨を下記にまとめています。

仮想通貨取引所名独自通貨
Binance(バイナンス)BNBコイン
Huobi(フオビ)huobiトークン
Zaif(ザイフ)※国内zaifトークン
Zodiac(ゾディアック)※ZDCトークン

 

仮想通貨取引所が独自通貨を発行するメリットは大きく2つあります。

 

1つ目は、独自通貨を発行タイミングで資金調達を行なうことが出来る点です。

実際に、Zodiac(ゾディアック)というBittrexがヨーロッパ拠点として新規で開設を目指している仮想通貨取引所では、新規開設にあたって資金調達を目的にZCDトークンという独自通貨を発行予定です。

 

 

2つ目は、独自通貨を基軸通貨に採用することで他の基軸通貨よりも高い手数料を得ることが出来る点です。

先述したバイナンスでは、BNBを基軸通貨に採用していて、ユーザーはBNBを利用して仮想通貨取引を行なうことで、手数料を安く抑えることができ、バイナンスもより高い取引手数料を得ることが出来るように運用しています。

 

しかし、Bithumb(ビッサム)が今回計画しているICOは、一般投資家や自社ユーザーを対象にしたものではなく、機関投資家やファンドを対象にしたものになると報道されています。

 

独自通貨を発行するも、自社ユーザー向けではなく、大口投資家に対するものであれば、上記で述べた2つ目のメリットを享受するためではなく、多額の資金調達を目指したものである可能性が高そうです。

 

しかし、それぞれに特徴を持つ2種類の独自通貨を発行するという報道もされているため、大口投資家向けの独自通貨と個人投資家(一般ユーザー)向けの2つの独自通貨が発行される可能性も高いため、今後の動きに注目です。

 

 

参考記事はこちら

 

 

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事