トム・リー氏がビットコイン価格が2018年末に25,000ドルに達すると予測!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

トム・リー氏がビットコイン価格を2018年末までに25,000ドル(約270万円)に到達すると予想!

ウォールストリートストラテジストで、ファンドストラットの共同設立社のトム・リー氏が、CNBCの番組内でBitcoin(ビットコイン)の価格が年末に25,000ドルに達すると発言し、話題になっています。

 

トム・リー氏は、昨年9月に「ビットコインが米ドルが投資家の信用を得ていなかった1980年代の「金」と同じような立場にあり、5年後に25,000ドルに達して、当時の水準の600%増加の価値をつける」と発言していました。

 

半年前に「5年後(2022年)に25,000ドル」と予想していた25,000ドルに到達するタイミングを「2018年末に25,000ドル」と予想を大幅にアップデートしています。

 

 

現在、4月に入って以降、6,000ドル付近で低迷してたビットコイン価格は12日に急騰し、記事執筆時点の4月15日現在では、8,000ドル付近を推移しています。

 

トム・リー氏は、現在の仮想通貨市場の価格低迷に関して、価格下落圧力は納税の時期と結びついている可能性が高いと語っています。多くの投資家は、所有するビットコインの一部を売却し、仮想通貨トレードに発生する課税金額の支払いに当てていると語っています。

 

現在の暗号通貨の相場は、2014年の弱気相場の終盤で確認された状況と同じ状況であると語っています。

ティム・ドレイパー氏はビットコインの価格を4年後に250,000ドルと予想!

アメリカの有名ベンチャーキャピタルDFJの設立パートナーを務めるティム・ドレーパー(Tim Draper)氏はビットコインの価格が4年後の2022年までに250,000ドル(日本円換算で26,750,000円)に到達すると予想しているなど、多くの著名投資家がビットコインに対して、肯定的な発言をしています。すでに6000ドルから8000ドルに価格が反転していますが、今後さらなる高騰が期待できるかもしれません。

ビットコインの高騰に向けて、レバレッジを効かせてトレードを行いたい方は、レバレッジ最大100倍のBitMEXに登録することをオススメします。

BitMEXの登録で分からないことがあったら【BitMEXの登録、口座開設方法、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事