• 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
医療系ICOプロジェクトMBSCOINの画像

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!
大切な資産を失うリスクがあるため、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!

金王冠HuobiHuobi Tokenの発行で人気急上昇!
80種類以上の銘柄を0.2%という格安な手数料で取引可能!
GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
銅王冠bitbank.cc取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
びっくりマークBitMEX相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
レバレッジ倍率100倍!追証なしのビットコインFXにおすすめの取引所!

医療系ICOのMBSコインのプロジェクトとは?概要や特徴

MBS COINは、最近話題に上がることが多いメディカル系ICOプロジェクトです。MBS COINのプロジェクトは、血液検査技術とブロックチェーン組み合わせて、予防医療(ヘルスケア)の医療プラットフォームを構築することを目指したプロジェクトです。

 

ICO発行事業者は「株式会社マイクロブラッドサイエンス(MBS)」という東京都に拠点を置く、医療業界で注目を集めるベンチャー企業で、MBS COINは日本発の医療系ICOプロジェクトとなります。ICOで大型の資金調達に成功しているNAM(ナム)と並んで大きな期待を集めています。

 

2018年1月30日には、恵比寿のアクトスクエアにてメディア関係者向けの記者発表会が開催され、100名以上を集めるなど注目度は他のICOプロジェクトとはケタ違いに高いことが伺えます。

 

MBS Coin(MBS)プロジェクトのICOスケジュールとしては、2018年内に実施予定とされていますが、具体的なスケジュールはICOの規制などを担当する関係省庁と最終調整が完了し次第、公表される予定となっています。

MBS COINの目指すビジョン「予防医療の医療プラットフォーム」

現在は、予防医療を行なうためには、病院に来院しての採血や頻繁な人間ドックといった健康診断が必要になるため、時間的にも、必要な金額的にも、予防医療が世間一般に普及することは難しいと言われています。

 

この課題は解決するために、MBSは自社が持つ「微量血液検査」を活用した簡易検査キットでの血液検査を行い、スマホアプリ「Lifee」でカンタンに検査結果の確認を可能にします。そして、血液検査の結果は医療情報というプライバシー性が高い情報のため、ブロックチェーンを利用することで安全な情報管理を実現します。

 

そして、世界中で血液検査の結果をビッグデータとして蓄積していきます。ビッグデータのサンプル数が溜まっていくことで血液検査に対する医療アドバイスが正確性が向上していきます。ビッグデータに基づいて発症確立の高い病気などを予測することが可能となることを目指しています。

 

それぞれを詳しく解説していきます。

MBSの目指す「医療プラットフォーム」
1.ユーザーが血液検査を誰でもカンタンに採血可能にする
2.ユーザーが自分の検査結果を安全な方法で確認可能にする
3.ユーザが検査結果に対する医療アドバイスの受診を可能に
4.検査結果をビッグデータとして蓄積・利用可能にする
5.ビッグデータを活用し、検査で正確な予防医療を実現する

「100年以上進化していない血液検査方法」

MBSの微量血液検査

現代では採血方法として「注射針を腕の静脈に刺し、血液を採血管に採取する」といった血液検査の方法が一般的ですが、実はこの採血方法は、約100年以上前の明治時代から技術的な進化を一切遂げていません。

 

MBS社が開発した微量採血検査の技術は、微細な針で指先に傷を付け、米粒大の量の血液をスポイトで採集するだけで採血が完了します。そして、採血した米粒大の血液を専用解析器にかけることで、血液検査を数分で完了させることができます。このように進化した血液検査方法は、救急の現場や予防医療の普及に大きく貢献すると言われています。

スマホアプリ「Lifee」で血液検査結果を迅速に確認できる

Lifeeの画面

微量血液検査の結果は、Lifeeというスマートフォンアプリで確認、閲覧することが出来ます。採血は痛みを極限まで抑えられており、さらに血液検査の結果は数分で反映される形で血液検査を行なうことが出来るため手軽に血液検査を行なうことが出来る世界が近い将来訪れることが期待されています。

血液検査結果をブロックチェーン利用で安全管理

血液検査の結果などの医療情報は、プライバシー保護の観点で非常に安全に管理することが求められます。こういった医療関連情報の管理方法は非常に難しい問題ですが、MBSは「Lifee Chain」というブロックチェーンを用いた非中央集権の分散型管理を行なうことで、情報管理の不正や改ざんを行なうことが出来ないセキュアな情報管理を実現することを目指します。

予防医療(ヘルスケア)の医療プラットフォーム

Lifee Talkのイメージ画像

世界中でMBSの血液検査キットを展開していくことで、世界中の血液検査結果をビッグデータとして蓄積していきます。「Lifee Talk」というビッグデータをAIに分析させるシステムに血液検査の結果とビッグデータと照らし合わせることで発症確立の高い病気などを予測することが可能にすることが出来ます。

 

以上すべてが実現されることで、簡易血液検査キットにより、正確な予防医療のアドバイスを受けることができる世界を実現しようとしています。

MBSコインのプロジェクトチーム

MBSのプロジェクトチーム

ICO発行事業者は「株式会社マイクロブラッドサイエンス(MBS)」という日本の医療ベンチャー企業です。「微量血液検査」など高い医療技術に定評がある医療業界で高い注目を集めているベンチャー企業です。

 

また、MBSコインのプロジェクトリーダーは、東京大学医学部(理科三類)出身の島田舞氏が務めており、プロジェクトのアドバイザーには慶応大学医学部の名誉教授を務める相川直樹氏が参加するなどプロジェクトチームが盤石の体制であることが魅力です。

 

昨今では、詐欺ICOプロジェクトが横行するなど、ICOプロジェクトを正当に評価することは難しくなり、ICO発行者のチームの信頼性が重要になってきています。

MBS COINの強み、魅力、メリット

簡潔に、MBS COINのプロジェクトの強み、魅力、メリットを整理しています。MBS COINの特徴は、「ICOプロジェクトの信頼性の高さ」と「ビジネス観点で成長可能性が高い」の2点が大きな魅力です。

MBS COINを3つのポイントで解説
【ICOプロジェクトの信頼性の高さ】
・MBS社が「微量血液検査」など高い医療技術を誇る
・プロジェクトリーダーが東大医学部出身
・慶応医学部の名誉教授がアドバイザーとして参加
・ICO規制の担当行政と調整を行ってるため、ICOリスクが少ない。
・ホワイトペーパーが丁寧に作り込む

【ビジネス観点のプロジェクト評価】
・必要な主要技術「微量血液検査」がすでに開発済み
・グローバルに展開出来るビジネスモデル
・海外展開の際の現地パートナーを既に確保済み

当サイトは、これまで数多くのICO案件のホワイトペーパーを分析し、【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!を掲載していますが、MBS COINはICO案件として類を見ないようなポテンシャルを誇っています。

2018年ICOおすすめランキングの画像
【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
2018年実施のICO案件一覧 2018年に実施予定のICO案件を一覧表でまとめました。期間や概要を紹介していますので、参考にしてください。 また、そもそもICOとはどんなものなの...

MBSコインのロードマップ

2018年中にICO実施予定となるのですが、ICO後のMBS COIN(MBS)プロジェクトのロードマップについて、主要のマイルストーンを抑えておきましょう。取引所への上場予定やトークンの付与予定時期などは未定のため、ロードマップには記載していません。

 

年月 ロードマップ内容
2018年 【ICO以前】

ICO実施に向けて、担当行政機関と現在最終段階の調整を実施中となっています。2018年の夏頃には具体的な実施詳細を公式発表できる予定としています。

 

【ICO以降】

コンパクトラボや微量採血施設による地域検査サービスの逐次展開を行います。ユーザ向け情報システム「Lifee」の機能拡充なども行っていきます。先行開発市場として日本にモデル構築した上で、世界シェアの大きい米国と、伸び率の高い中国に最優先でビジネススキームを展開予定

2019年 既存の個人情報と検査データをブロックチェーン技術で新たに構築している「Lifee-Chainシステム」へ移行完了します。A.I(人工知能)を実装し、新プラットフォームとプラットフォームでの利用を想定している独自トークンMBS COIN経済圏の本格運用を開始します。
2020年 全ての採血施設に対して、検査装置の設置を完了予定としています。これにより、微量血液検査の結果を場所を問わず短時間で提供することが出来るようになります。
2020年以降 独自トークンであるMBS COINを使用する「ヘルスケア経済圏」が完成し、自社サービス以外のヘルスケアサービス事業者を巻き込んで行きます。既にリリースされているスマホアプリ「Lifee」経由で、自らの検査結果にマッチする医療・健康関連サービスの情報提供を包括的に受けられるようになります。
2023年 コンパクトラボ(地域の拠点)100か所、微量採血施設10万か所を日本・米国・中国以外の世界規模でも展開する予定、年間1億件の微量血液検査を実施します。これは、かなり保守的な見積もりの数字と思われます。

MBS COINの最新情報について

MBS COINは現在、ICOの規制を担当する行政と最終調整に入っています。MBS COINのプロジェクト最新情報やICOセール情報の最新アップデート情報を取得したい方は「Twitterアカウントのフォロー」か「テレグラム(Telegram)のフォロー」を行いましょう。

MBSのTwitter(ツイッター)アカウント

MBSの公式ツイッターアカウント

MBS COINの最新情報やメディア掲載情報などをツイートしてくれるため、今後ICOスケジュールやトークンセール情報もツイートする可能性が高いです。セール情報を見逃したくない方はフォローしましょう。

MBSの公式Twitterのフォロー

MBS COINの公式Telegramアカウント

MBS COINの公式Telegramアカウントでは、今後ICOスケジュールやトークンセール情報が投稿される可能性が高いです。セール情報を見逃したくない方はTelegramに参加しましょう。現在テレグラムの参加者は200名程度ですが、日本国内ユーザーはテレグラムの利用ユーザーが少ないので今後増加していくことが見込まれます。

 

https://t.me/joinchat/G96_UkxnxMeMhNCsGajR4w

 

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【2位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【3位】bitbank.cc


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

ICOの関連記事
  • pibble coin(ピブルコイン)の公式サイト
    【仮想通貨ICO】PIBBLE COIN(ピブル/PIB)の買い方、購入方法、評判、口コミを解説
  • PatronICO
    【仮想通貨ICO】PATRON(パトロン)とは?買い方、購入方法、評判、特徴
  • ICOの画像
    元サッカー選手ルイス・フィーゴ氏がSTRYKZのICOを支援!著名人のICO支援が増加
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
  • ジュピターアイキャッチ画像
    【仮想通貨ICO】ジュピター(Jupiter)とは?買い方、購入方法、評判、特徴を解説!
  • 医療系ICOプロジェクトMBSCOINの画像
    【仮想通貨ICO】MBSコインとは?話題の医療系プロジェクトの概要と特徴を徹底解説!
おすすめの記事