ロックフェラー財閥が仮想通貨市場へ参入か!傘下のVenRock社がCoinFund社と提携!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ロックフェラー財閥が仮想通貨市場に参入!

ロックフェラー財閥傘下のVenRock社とCoinfund社が提携!

世界的な大財閥のロックフェラー財閥が仮想通貨市場に参入することが分かりました。ロックフェラー財閥所有のベンチャーキャピタルであるVenRock(ベンロック)社がブロックチェーン技術、仮想通貨投資機関のCoinFund(コインファンド)社と提携を発表しました。

 

ロックフェラー財閥の仮想通貨・ブロックチェーン分野への参入は驚きを持って世界に報道されていますが、両社の提携意図は「短期の利益の追求」ではないと述べています。今回の提携は、両社がともに「短期的な視点ではなく、長期的な視点でブロックチェーン技術基盤のビジネスを構築する起業家を支援すること」という共通ビジョンを持っていることから実現しました。

 

長期視点で仮想通貨・ブロックチェーンに対して関心を持っているため、現在の仮想通貨の市場価格の暴落は全く気にしていないと語られています。

 

ブロックチェーン技術を利用したビジネスが短期的にではなく、中長期で経済的なリターンを見込むことができるとロックフェラー財閥が考えているというニュースと、同じ時期に伝説の投資家で「世界三大投資家のジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資に参入」といったような著名投資家による仮想通貨投資参入のニュースが報じられたことで仮想通貨取引市場は価格を上昇させています。

 

ロックフェラー財閥傘下のVenRock社について

VenRock社とは、シリコンバレーの老舗ベンチャーキャピタルです。初代ジョン・ロックフェラー氏の孫にあたるローレンス・ロックフェラー氏が科学技術を主な投資対象として1969年に創立したベンチャーキャピタルです。企業名の「VenRock」の由来は「Venture + Rockfeller」となっています。

 

また、VenRock社は、iphoneで有名なApple(アップル)やインテルが創立間もないスタートアップ企業であるタイミングから投資を行っているなど世界で最も成功しているベンチャーキャピタルとして知られています。

CoinFund社について

一方、CoinFund社は「CoinList」などのICO支援プラットフォームなどへの投資で知られています。CoinListは発売前の仮想通貨トークンをSAFT(Simple Token for Simple Token)という新しい契約方法で、安全に法令を遵守した形で投資できるようにするためのサービスです。その他にもCoinfund社の仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトを中心に多くのプロジェクトに対して投資を行っています。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事