ウォール街の画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

ジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資に参入か!

世界三大投資家の1人として著名なジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資に対して強い関心を示しており、仮想通貨投資に参入してくる可能性について報道されています。

 

「ジョージ・ソロス氏が経営するソロス・ファンド・マネジメントの投資家アダム・フィッシャー(Adam Fisher)氏が仮想通貨取引の許可を得た」という報道されています。ソロス・ファンド・マネジメントは約260億ドル(2兆7560億円)相当の資産を運用していますが、その資本の一部が仮想通貨投資に流れてくる可能性が高いと見られています。

 

もし仮に、実際にジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資に参入してくるのであれば、2018年に入り、昨年12月のピーク時から約3分の1〜5分の1まで下落した仮想通貨取引市場が現在が底値であり、今後復調するとソロス氏は分析している可能性が高いということを示唆しています。

 

 

昨年末の仮想通貨バブルのタイミングでは、著名な投資家や金融機関の代表が仮想通貨投資に対して、批判的な発言をしていました。しかし最近では、否定的な発言を撤回するなど仮想通貨に肯定的なスタンスを表明する著名投資家も増えています。

 

例えば、JPモルガンCEOのジェイミー・デイモン(Jamie Dimon)氏のビットコインに対して理解を示し、肯定的な発言をするようになり、ジョージ・ソロス氏も仮想通貨に対して、融和的なスタンスを表明しています。昨年2017年12月のピーク時から大幅に下落して冷え切った現在は、ソロス氏にとって絶好の参入機会になるのかもしれません。

 

また、同日にロックフェラー財閥のVenRock社が仮想通貨市場に参入するという報道がなされたことで、仮想通貨市場は価格を上昇させました。

 

参考記事:2018年、機関投資家が仮想通貨市場に参入の可能性が高い

 

George Soros Is Rumored to Be Investing in Cryptocurrency
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事