• 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • プレゼントキャンペーン プレゼントキャンペーン
    プレゼントキャンペーン第一弾開催!総額約10万円分のビットコインが当たる!
    2018年9月18日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
コインチェック

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

コインチェック社とマネックス社の合同記者会見内容のまとめ

本日、マネックスグループがコインチェック社の全株式を36億円で取得し、完全子会社化したことを発表しました。そして、マネックスグループの松本社長がコインチェック社の今後の経営体制(執行体制)と経営方針を発表しました。

コインチェック社の経営体制について

今回のコインチェック社の完全子会社化によって、コインチェック社の新社長にはマネックスグループのCOOである勝屋氏が就任します。これに伴い、現在のコインチェック社の代表取締役社長の和田晃一良氏とCOOを務める大塚雄介氏は取締役を退任し、新体制においては「執行部(執行役員)」として経営にあたることが発表されました。

 

また、マネックスグループの取締役会長兼代表執行役社長CEOの松本大氏もコインチェック社の取締役として就任する予定です。コインチェックの今後の経営体制、執行体制は下記の通りです。

 

 

コインチェック社の今後の経営方針

また、マネックス社のコインチェックの経営方針としては、今後コインチェック社はIPOを目指し、外部牽制を導入していく方針であると発表されました。また、今後2ヶ月を目標に顧客保護を第一に仮想通貨交換業の登録を目指していくと発表しました。

 

マネックスグループの買収に伴い、金融庁がコインチェック社の仮想通貨交換事業者への登録を認可する方針に変わったことが報じられています。

 

そして、今回の完全子会社化にあたって、コインチェックの株主構成が公表されましたが、CEO和田氏が45.2%、COO大塚氏が5.5%、その他株主(法人5社、個人1名)が49.3%となっていることも発表されています。

 

また、社員数も現在の104名から増やし、よりよいサービスの提供を目指していくとされています。

取扱通貨について

コインチェック社は現在14種類の通貨を取り扱っていますが、匿名通貨(DASHMoneroZcash)については取り扱い廃止になる可能性が指摘されていました。

 

コインチェック社の匿名通貨への方針については、【コインチェック(Coincheck)が3種類の匿名通貨の取り扱いを中止の方向へ】も参考にしていただければと思います。

 

今回の会見で匿名通貨の今後の取り扱いについては明言されませんでしたが、NEMは継続して取り扱っていくことが明らかにされました。

 

出資の背景について

マネックス社の出資の背景については、NEM流出事件が起こった直後にマネックスの勝屋COOから、和田社長に何か力になれることはないかと声かけがあり、その後和田社長が相談し、今回の出資が決まったとされています。

 

また、マネックス社以外にも出資の話はあったが、「意思決定スピード」や「管理体制の強化」を両立できることを考慮して、マネックス社に決定したことが説明されました。

 

なお、コインチェックが行ったNAMの補償については、コインチェック社の自己資金で行われ、マネックスの資金は一切使用されていないことが明らかになりました。

 

コインチェックが行った補償については、【コインチェックがNEM(ネム)の補償を3月12日に実施!一部仮想通貨の売却・出金の再開も】を参考にしていただければと思います。

 

コインチェック
コインチェックがNEM(ネム)の補償を3月12日に実施!一部仮想通貨の売却・出金の再開も
不正送金されたNEMの補償について 2018年1月26日に発生した仮想通貨NEMの不正送金事件について、新たな進展がありました。内容としては、本日3月12日中に日本円でNEMの補償...

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
  • Coinrailハッキング被害アイキャッチ
    Zaifがハッキング被害で約67億円相当の仮想通貨が流出!
  • 仮想通貨価格上昇
    「ビットコインを始めとする仮想通貨の価格は2018年に上昇する」アナリストが分析!
  • リップルの将来性
    リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
  • リップル
    リップル社幹部が「複数の銀行がxRapidを採用予定」と発言!XRPが20%高騰!
  • イーサリアムクラシック高騰
    イーサリアムクラシック(ETC)の価格が高騰!最高35%の値上がりを記録!
  • コインチェック
    【速報】コインチェックの補償方針が決定!不正送金されたNEMを日本円で返金!
おすすめの記事