各国の仮想通貨規制

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

インド準備銀行が金融機関の仮想通貨関連企業との取引停止を決定!

インドの中央銀行にあたるインド準備銀行が、インドにおいて銀行などの金融機関が仮想通貨取引を行なう企業との取引禁止を決定したことを発表しました。すでに仮想通貨関連の企業にサービスを提供している金融機関は、取引を停止することを求められます。

 

インド準備銀行は、不法行為を行なう団体のマネーロンダリングに使用される懸念や投資家保護の観点から、仮想通貨に対して否定的なスタンスを表明し、規制を検討していました。

 

2月には財務省は、不正資金の調達を目的とした仮想資産の取引停止を行なうためにあらゆる手段を検討していると発表していました。しかし、一方でブロックチェーンに関しては「効率を上げ、金融システムの包括性の改善につながる」と肯定的な立場を表明しています。

 

本日2月1日の予算演説でインドの財務大臣のArun Jaitley(アラン・ジャイトレー)氏は、「政府がインドでのビットコインおよび他の仮想通貨の利用を停止させるためにあらゆることを行うつもりだ」と述べました。

 

また、インド以外の各国の規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事