韓国が仮想通貨課税に関する枠組みを6月までに発表!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

韓国が仮想通貨課税に関する枠組みを6月までに発表

韓国の企画財政部が、仮想通貨課税に関する枠組みを6月までに発表する旨を公表しました。企画財政部の広報担当によると、具体的な期限は決まっていないものの2018年上半期の間には税制に関する発表を行うようです。

 

今回このニュースを報道したFNNは、実際に課税が行われるのは2019年以降であるとし、今年中の導入はないという見方を示しております。

 

今年の1月には22%の法人税と2.2%の所得税を徴収することを発表しましたが、今回の報道により、今後は仮想通貨に対しての限定的な法整備を進める方針が明らかになりました。

 

また今回の法整備に際して、韓国国税庁は、仮想通貨に関する課税を各国の実例を参考に検討しており、アメリカや日本、ドイツ、イギリスに職員を派遣し、仮想通貨関連の様々な課税の枠組みを調べていました。結果として、多くの場合、収入に対して税がかかるという原則にのっとった課税が各国で行われていることがわかったようです。

 

韓国はICO規制の緩和を計画していると報道されるなど、仮想通貨への規制が以前よりも緩やかになる可能性も指摘されています。そんな中、税に関する法整備、さらには仮想通貨全体においてどのような法整備が進んでいくか、大きな注目が集まりそうです。

 

韓国のICO規制の緩和計画については、【韓国がICO規制の緩和を計画!特定条件下でのICOを容認する方針か】を参考にしていただければと思います。

 

정부 6월 중 가상화폐 과세안 발표…7월 G20 회의에 규제 시계 맞출듯
参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事