仮想通貨規制緩和

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

韓国がICO規制を緩和か

韓国の規制当局が特定の条件下に限り、国内投資家へのICO規制を緩和する計画をしていることが報道されました。韓国は、マネーロンダリングへの利用や投資家への詐欺などを危惧し、中国に続いてICOを2017年9月に全面禁止にしていました。

 

韓国の英字新聞社であるコリア・タイムスは、匿名の情報源を引用して、以下のような金融当局間の議論を報道しています。

金融庁局は、特定条件下での国内ICOの認可について、税務署や法務省、その他の官公庁と話し合いをしている

 

現在の韓国の仮想通貨規制に対する雰囲気は、以前に報じられていた「韓国政府が全ての仮想通貨取引所の閉鎖を検討」などの規制強化の流れとは、明らかに異なっています。

 

金融監督委員会(FSC)のKang Young-soo氏は、「国内投資家や企業がICOに参加することを許可することに関して、現時点では規制当局が重大な決断をしていない」ことを明らかに、以下のように述べています。

 

「ICOの許可については、多くの憶測が存在しています。FSCはこの件について、第三者の見解が存在することを認めますが、現時点で公式に述べることは何もありません。

 

機関投資家だけではなく、個人投資家への規制も緩和か

韓国では、以前にもFSCのKim Yong-beom副委員長が、「機関投資家のICO参加を許可し、完全禁止を撤回すること」を示唆したことが報じられました。

今回の報道は、機関投資家だけではなく、一般投資家のICO参加が認可される可能性があるというものであり、前回よりもICO規制の緩和の程度が拡大していると言えます。

 

韓国では、仮想通貨・ICOを非常に厳しく規制していく姿勢が一転し、認可していく傾向になっています。過去の韓国の規制報道や、他の国の状況に関しては、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしてください。

 

 

 South Korea Regulators Considering Reversal of ICO Ban: Report
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事